FC2ブログ
杏夢心地 たまにはしっとりと(エ?
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト スポンサー広告

--/--/-- --:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 






理性と感情 たまにはしっとりと(エ?

2006/06/16 22:08


乙!

って・・・
なんだか最近色々なことがある。

ブログに吐き出せば少しは楽になるのかもしれないが
ちっとも書けない。

きっとまだ自分の頭の中で結論が出て無いんだと思う。

相談事もそうなのかもしれない

迷っているようで
本当は結論は自分の中でまとまっていて
だからこそ、人に 疑問文 を投げかけることができる
そこで初めて 聞かされた相手は内容を把握し理解し考え
意見を伝えてくれる。

そして最終的にそこから答えを見出す事なのかもしれないけれど
きっとそれは
答え合わせをしているにすぎないのではないかと。

自分の考えた意見が正か悪か。

そこでみなが自分と同じ意見を口にすれば
『あー アタシは間違っていないんだ』
反対意見であれば
『あー アタシは間違ってるんだ』
となる。

でも間違ってたんだと思わずに
『いんや!アタシはこう思う!』

と思えるものはきっと自分の意思に忠実に突き進むんだろうな。

でも一番厄介なのは
物事には白と黒と灰色 があるということ。
またその一つ一つにも微妙に色の違いがって
結局は無色透明になってしまうということ。

ならば自分は何の色を選べばいいのだろうか。

そう、最終的には自分の好きな色を選ぶわけで
好みの色。

好みの色は安易に感情色になる。
自分の本能・感情。
みんな大好きな色だ。
大好きだから人はそれを選びやすい。
そしてその色をまとっていれば
満足し顔をあげて堂々と歩く。


やはり好みの色を選んでばかりはいられない時もる。
自分が赤を好きでも相方が青が好きであれば
紫を選ばなきゃいけないときもある
もしくは青を選ぶときも。

でもその理性色は
感情色と正反対な色で
身にまとえばぎこちなくなり
不満に思い
引きこもる。

ならば 混ぜて紫にしてみよう

自分の好きな色と合い方の好きな色がまざり
ステキな色合いの紫にしてしまえば

きっと紫も好きになれる。
だって大好きな赤も入っているんだもの


感情だけで生きてきた
幸せだったけどその分のつけも今きている
取り返しのつかないツケが。
それはこれから先の一生背負っていかなければいけないツケ。
逃げることの出来ないもの。

現実を見つめ受け止め それを乗り越えていこうとする精神。

時には消しゴムで消したくなるけれど
油性マジックだから消せないんだ

だったらまた油性マジックで上手に修正して綺麗な絵に仕上げようよ。

一緒に。

ね?
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ=◆大人の恋愛◆ - ジャンル=アダルト

  | コメント(4)






もう一人産むか!www たまにはしっとりと(エ?

2006/04/25 23:07


王子の保育園へ送りにいくとそこから大きな鯉のぼりが毎年見れる

去年の王子
【ままー 見てみて鯉のぼり!!』
雨の日はとても残念そうに
【ままぁ・・・なんで鯉のぼりないのぉ・・・・?】

そんな王子を思い出し今年は
『ほらほら!王子!鯉のぼりだねーーー!』





【保育園の窓からいつも見てる……(-。-;) ボソッ】
『あそ・・・・』

次の日もめげずに
『ほらほら!鯉のぼり大きいねぇ~~~』

【だから保育園でみてるってば!!】
『そんな風に言わなくたっていいじゃん!!!』

( p_q) シクシク
こうやって子供は親を置いて去っていってしまうのね・・・(トオイメ)


こんな会話があったので今宵の題名がつきました(爆)

だんだんと成長もして離れていく
まだ【まま!手つなご!】って言ってくれているが
そのうち・・・

えーーーぃ!
かわいくねぇ!(爆)
無条件に
『ママー!』と歩み寄ってくれる存在が欲しいwwwww

それには子作りだな♪ 













  | コメント(2)






元旦那 たまにはしっとりと(エ?

2006/04/15 22:11


はぁぁぁぁぁぁぁぁあああ・・・・(深溜息)

あんだかよー・・・

溜息ついたら幸せ逃げるで!!

すぅぅぅぅぅぅうううううううううううううううう!!
(吸い戻してるらしい)


なにがあった?って?

元旦那から1年半ぶりにメールが来たのよ

【王子元気?】

って。

はぃぃいい?
ってな感じよ((深溜息)

離婚してしばらくは毎週王子を連れ出してたくせに
パタリと連絡が途絶えてさ
クリスマスで王子のお誕生日もなんも音沙汰もなくてさ
なんだまら急に・・・

もうね

ほっといて!!

ってげんなりですわ(苦笑)

離婚した理由が理由だからアタシだってさすがに引け目あってさ・・・
王子と逢わせたくはなかったけれど
向うが「逢いたい」って言えば二つ返事で了解してたさ
でもさ
急に何もなくパタリと遠ざかってさ
こっちにとっちゃ願ったり!ってとこだったけど
やはり、こないだ書いたように
王子に「パパに逢いたい」って言われりゃぁ
正直辛かったりもしてさ・・・
そんでも 王子のため!と思って頑張ってきたさ

それでも こうやってさ・・・・

はぁぁぁああああああ・・・・・・
お義母さんとかみんな元気?だとか
なんとかもうすっかり過去のようになんでもなかったかのように
言ってくる元旦那・・・

元旦那へ
申し訳ないが、アタシのやらかしたこととはいえ
その事実に対して私は今、私なりに一生懸命償い
周りに迷惑をかけた分頑張ってる
貴方にも貴方の周りにも申し訳ないことをしたとも思っている
その懺悔は一生背負っていくものだとも思っている。
けれど
離婚したこと自体は少しも後悔していない
むしろ正解だったと思っている
貴方のように過去にはできないの
思い出話なんて出来ないの
後ろ向く事はできないから
後ろは無いの
後ろは崖なの
貴方の子供であることは紛れも無い事実で
かえることはできないけれど
逢いたいのかもしれないけれど
私の意志が通じる間は
王子と貴方を逢わせることは出来ない。
ここまできてもうそれは出来ません。
もうそっとしておいてください。


→ more・・

テーマ=◆大人の恋愛◆ - ジャンル=アダルト

  | コメント(7)






パパに逢いたいと泣かれた母・・・。 たまにはしっとりと(エ?

2006/04/02 00:44


とうとう、恐れていた一言を王子にいただきました・・・(溜息)

【ちっちゃい頃パパと遊んでたの楽しかった・・・パパと遊びたい(ベソ)

最近、なんだかポソポソと王子が【パパ】と口にするようになった・・・。
成長あってこその感情なんだろな

そら、逢わせたいとは思わない。
けど、意地悪で逢わせないでいるわけではなく
1年半ほど前から元旦那から連絡が途絶え逢ってないのだ。
離婚した原因が原因だから
「逢わせない!」とも言えるはずもなく
離婚してしばらくは元旦那から
「王子に逢いたいんだけど・・」って連絡があれば
二つ返事でOKを出していた。
ほぼ毎週日曜日にはあってたんじゃないかな

それなのに何故か急に連絡もこなくなり
一度だけ父の日に王子は保育園で作ってきたものを
【パパにあげたい!】というものだから
元旦那に連絡をしたが結局はなんだかんだと理由をつけられ
断られた
《女ができたんじゃね?》
とかいう話もあるが、それはそれで元旦那の自由であり
アタシがどうのこうの言う理由はない

ただ、この先王子が【逢いたい】とせつに願ったとき
向うに逢う気がなければ逢わせてあげることが出来ないのが
心苦しいのだよ・・・。
んなこと言ったって仕方ないんだけどね
アタシの責任だもの
今まではなんだかんだと
「パパはお仕事だから逢えないのよ~」
とごまかしも効いたがこれからはそうもいかなそうだ・・・

意を決して王子と話をすることにした

「ママはね意地悪でパパに逢わせないわけじゃないんだよ?
これからは、ママがあなたといっぱい遊んであげる。
パパの分もいっぱい遊んであげる。
ケンちゃんも、ママのお友達もあなたも好きでしょう?」

【ん・・・(こっくり)】

「みんな王子の事大好きだから。ママもあなたが大好きだから
パパの分もいっぱいママもみんなもあなたと遊んでくれるから
それでいい?」

【うん!】

「淋しくない?」

【うん!】

とちっちゃいながらも感極まってか、パパに逢えない駄目押しをれて悲しいのか半べそをかきながら、うなずいていた王子・・・。

今までは母役を主にしえいれば済んでいたようなきがするが
これからはそうも言ってられなくなったようだw
父として、もっともっと王子を構い遊び
体はって王子にぶつかっていかないとイカンようですわ

しかし、それがアタシの役目。
責任なのだ

どうやたら王子が淋しい思いをしなで済むかはわからないけれど
そうしたって淋しい思いをさせるんだろうけど
できるかぎり精一杯これからも王子を抱いていってあげないといけないと
改めて思ったわけで。

所詮、母は父役はできないのだ
でも現状の中で嘆いていても始まらないのであれば
やるっきゃないのだ

しかし・・・
ぶっちゃけ、王子の口から
【パパ】って台詞を聞くと
そのたびに、がつーん・・と崖から落とされた気分になるのは
一生続くのかね(苦笑)

王子~~~!
勘弁してくれ(爆)


テーマ=ひとりごと - ジャンル=アダルト

  | コメント(5)






ブクブクブク・・・・ たまにはしっとりと(エ?

2006/03/05 23:11


いやいやいや・・・すっかりご無沙汰してしまってる杏っす(苦笑)

なにせ今年に入ってからもうね・・・
なんつーの?
公私共になんだか落ち着かなくてなぁ・・・
飽和状態っすわ(苦笑)

やることやんなくちゃ!
てのがいっぱいあっって
それこなして行くのが精一杯!?
アップアップ・・・・(そのうちブクブクブクブク・・・・エ?)

ケンともね別になにがあるわけじゃないっすから
ご安心くださいませw
まぁ 中々逢えなかったりあいも変わらずフテくさってたりする
杏様ではございますがヾ(  ̄▽)ゞオホホホホホ

しかし人間ってどこまで欲深いのぉ・・・
ズルズル・・・(茶すすってるらしい)

これでもか!ってほど愛されて幸せいっぱいなのに
もっともっとって思ってしまうですわ ぶっちゃけ。

週に一度は仕事をやりくりしつつ杏に逢いにきてくれて?
日曜日は自分の趣味をするために家を出れるってことで
杏にも逢いにきてくれて?

その他たくさ~~~んの愛情をたっぷりもらってるもんだから
ますます図にのるんですわなぁ~ヾ(  ̄▽)ゞオホホホホホ

初心に戻りまヒョ!
えぇ!
あのウブだったかわいらずぃ~初心にですわよ!

心落ち着かせましょ・・・

本来、愛情というものは
貰うものではなく
与えるものであり
無情のものであると

ですわw


テーマ=◆大人の恋愛◆ - ジャンル=アダルト

  | コメント(2)






ケンへ たまにはしっとりと(エ?

2005/12/31 00:48


今年の7月にケンに出会って約半年・・・

凄く幸せだった。
あっというまだったねぇw
幸せな時間は過ぎるのが早い。

中には2人でたくさん泣いたこともあったね
互いを想い合うばかりに・・・
ヤキモチだったり 心配だったり 悲しかったり・・・

でも どんな時もケンはいつも杏を
受け止めてくれた
理解してくれた
守ってくれた
抱きしめてくれた

それは杏だけではなく王子と一緒に。
杏と王子を一緒に力強く大きな胸で抱きしめてくれた

仕事のことや 友達のこと 親のこと
ケンは杏のなんでも知ってる
そして全部を理解してくれて
時には背中を押してくれて
時には守ってくれて・・・・

「俺は杏を泣かしたらあかんねん。そう決めた。誰よりも守らなきゃいけないねん」

って。

甘えてばっかの杏だけどさ・・・
我がままばっかの杏だけどさ・・・
意地悪な杏だけどさ・・・・

愛情の裏返しって思ってな!(コラッ!www)

来年も
ううん
これからも一生 よろしくお願いします

杏 より


テーマ=不倫恋愛 - ジャンル=アダルト

  | コメント(5)






結婚式 たまにはしっとりと(エ?

2005/12/23 23:15


誰しも
【離婚する】と思って結婚なんてしない
(いやいるかw)

少なくともアタシはそうだった。
幸せになれると思ってた。
いや幸せな日々もありましたさw

結婚式の日は雨模様。
とても寒くて雪がふるかも?だった。

バージンロードを歩く時
父の腕を組み歩きながら

「杏!おめでとー!」
と大音響の中、キラキラと舞い散る紙ふぶきみんなの祝福と共にに歩きながら
涙をこらえ歩き幸せだった。

この人と一緒になりたい
と思うより「自由になりたい」という気持ちが強かった
今思えばな。

こんなでもアタシは超箱入り娘だったのだwww
そんな中でも一通りのおいたはしてきたがw
窮屈で仕方がなかった
普通の子供、普通の若者のように過ごしたかった
一人暮らしをすると切り出し大反対をされて
結婚に踏み切った。
これで自由になれるとそんな打算があった


現実は違った
結婚は恋愛ではない生活であったのだ。
そこでまたアタシは違う意味での箱入り嫁になったのだw

そして今、私の今まで生きてきた中で
一番自由なのです。
変な話だ
本当は一番 大変で頑張らなきゃいけないはずなのに
一番自由だとアタシらしくいられる日々を過ごしている。

そこまでには色々な人に迷惑もかけ、泣かし、犠牲にしてきた人も
数知れず・・・。
それを承知の上であえて言わせてもらえば
今アタシは本当に幸せだと感じています。

アタシを見捨てずに見守ってくれてる皆様に感謝です。

ありがとう。

あれから7年。
濃い日々だった。

これからの日々は愛するケンと王子とまた更にこい~~ぃ日々を
歩んで行くわけで
楽しみ^^

テーマ=不倫恋愛 - ジャンル=アダルト

  | コメント(4)






病気の時 たまにはしっとりと(エ?

2005/11/29 23:30


我が王子がまたまた高熱です(苦笑)
蝶よ華よと育てたもんで貧弱ですな~~~(高飛車)

じゃなくてさw

最近、ケンの調子がかんばしくない。
ここ2・3週間「喉痛い~~」「頭痛い~」「鼻がつまる~」「声がかれてる~」とそんなメールばっかし。
でもってタイミングも合わず珍しく逢えない。

すなわち アタシはとってもふてくさっているわけでw

逢えないからというのがもっとも大きな原因なんだけども
結局のところさ
不倫なんて関係は相手に何か起こってもアタシには何も手を打つ手段な何一つ無いということなのだ。
極端な話、ケンが入院しても、突然倒れても、それこそ死んでしまっても
その事実を知ることすらできないかもしれないと言うことなのだよね。

ケンは「倒れたらメールか電話するし!」と言ってくれているけれど
そらーそれだけしてくれる気力と時間などがあるようば状態であれば
絶対しろ!意地でもしろ!しなきゃ呪ってやる!
てな具合だけれども
現実はいつどんな切羽つまった状況になるかは誰しもわからないわけで。

アタシがぶっ倒れたら それはいとも簡単にケンに情報が伝わることでしょうw
それだけのケンへのネットワークはもう成立しておりますのでw
出来る限りの事をケンは親身になってアタシを助けて支えてくれると思ってます。
でもね

アタシはケンになんにもして上げることできないのよ
なんとか、あの手この手でケンの状況を知ることができたとしても
入院したって容易にお見舞いに行けるわけじゃない。
家で寝こんでいたって看病してあげられるわけでもない。
ただただひたすらにケンの無事を祈るしか手立てがないわけだ。

ケンにも言ったけれど
王子はいつもアタシの監視下にいるw
だからちょっとした変化も察知できる。
判断もできる。
でもケンはそうはいかない。
毎朝、ケンの顔色を見て健康状態を把握し判断してあげることはできないのだ。
フォローも何もしてあげられない。
まぁ いい大人なんだし自分が自分を一番に理解していることには
間違いはないわけで自己責任でなんとかするのが大人でもあるけれど
それでもどうにもならない時に手助けしてあげれない時のやるせなさってのは
いやなものであり。。。。


なんだろな。。。
ただ単に束縛したいだけなんかな?


テーマ=不倫恋愛 - ジャンル=アダルト

  | コメント(2)






甘える たまにはしっとりと(エ?

2005/11/03 22:22


ケンと話をした
って別に特別なことじゃぁないけれどw

王子の事について話をしてたわけだけども。
とどのつまりはアタシは【甘え慣れてない】ということらしい。
甘え方を知らない人間?

アタシはこれでも王子の体調には慎重、過保護に育ててると思う。
ただ それは王子が一旦体調を崩すとちょっとやそっとじゃ済まない可能性が
大きいわけで、王子に辛い思いをさせたくないというのが大前提。
でも、その裏には王子に何かあればアタシは仕事を休まなければならず
すなわち収入は追いついてこないということになる。
その両方を考えると過保護になってしまうのです。

ケンいわく。
もっと親を頼ってもいいのではないか。ということ。
王子が具合悪くなったら親に見てもらい仕事に出る。
それによってある意味では親への親孝行にもなり
収入にもつながる。
そして王子を自然に育てていけるってことにつながると。

確かにアタシは保育園でこの寒いのにプールの時間(もちろん温水プール)があり、行き返りで風邪を引かれでもしたら困るといい、保育園には行かせるが
プールには出席させないでいる。
当然、王子は「プール行きたい」という。
プールの日の度、胸を締め付けれる思いでいるアタシ。
そんな時こそ、王子の想うようにプールに行かせてやり
もし風邪を引いたのならば親にみてもらえばいい。
そして仕事へ行けばいい。
それが王子を自然に育てていく一つでもあると。

アタシは離婚する前は親にたっぷり甘えてきたと思う。
結婚して家を出て所帯を持ち子供も出来たのにもかかわらず
お金こそもらってはいないが色々買ってもらったり連れてってもらったり。
王子がいつか所帯もったときに自分は王子に同じ事をしてあげられるのだろうか?いや、してあげあれる状態でいたいと思ったものだ。
親って凄いな・・ていつも思った。
ありがたく思った。
しかし、そんな親を泣かせアタシは離婚した。
そして親に縁を切られ一人ぼっちになった。
自業自得。
それでも、それでも、そんななのに今は親はこんなアタシを受け入れてくれてる。
親だって自分の子とはいえ、いや、自分の子だからこそ計り知れない
信頼関係を打ち砕かれた感でいただろうに。
本来なら、アタシはそれに甘えられる身分じゃないと思ってる。
わーい って親の懐に入っていけるなんて、そんな甘いもんじゃないと思ってる。
だけど、やっぱりアタシにとっての親はあの2人であって頼りになって
安心して、嬉しくて、懐に飛び込んでしまった。
たまに王子を連れて行き、王子の服等買ってもらい、ご飯食べさせてもらって
、たまにはお泊りもして帰ってくる。
玄関の敷居をまたがせてもらえただけでも本当に感謝した。
だからアタシにとっては今とても親に甘えていると思ってる。
現にそれでとても助かってもいるからだ。

でもね 人間って頑張っているからこそ あいつを助けてやろう!って思うものじゃない?
普段一生懸命がんばっててそれでも辛そうで・・・大変そうなのを見て
「手伝ってやるよ!」って思うものじゃない?
遊んでばかりいてのらりくらりやってる人間に「助けてやるよ!」
っては思わないものじゃない?
甘えるっていうのは どーーーーーしてもどーーーーーしても自分なりに頑張ってもどーにもならなくて、最後に「助けて~~!」って人に頼り甘えるものなんじゃないかと思った。
逆に言えば、自分の大切な人間がそんなヘルプを自分に出してきたときには
完璧に救ってあげられる自分でありたいと思った。
今ある自分の全部をその人間にあげられる人間でありたいと思った。

思えば自分が大きくなったら何になりたいか考えた時
もし結婚して旦那が死んだり倒れたりしても旦那の代わりにいざと言うときには自分が食わせていける自分でありたいと手に職を持った。
自分がしっかり立っていなければ人を支えることはできないと思った。

でも今思ってるのは
人間はやはろ完璧にはなれない。
独りでは生きてはいけない。
助け合い、支えあい生きて行くんだと思った。
その人間の足りないものを補充し補充仕合一緒に生きていき成長していくんだと思った。

王子に対して完璧な親、母でありたいと思うと同時に
自分に対しても完璧でありたいと思ってきた。
こうゆう人生を選んだのはこのアタシ。
辛くとも大変でも仕方ないじゃないか。
その親の下に生まれた王子なのだからそれも王子の人生。
そう思ってもきたが
やはり王子には自然に育って欲しいと思うのもアタシ。

その思いのせいで王子に無理をさせるのはアタシの本意ではない。
ならば、自分の今までの我を捨てればいいのではないか。
王子のためならばそれで良いではないかと思った。
王子の為といいながらほんとは自分の我を押し付けてるだけだったのかもしれないと思った。

ただ、そう思ってもそれを実行するには
今まで生きてきた道をグルリとひっくり返す勢いの出来事でありw
そう簡単には上手く自分を誘導することは出来ないとも思う。
でも王子の為ならば変えられるのではないだろうか。

せっかく今、ケンという大きな存在の色がアタシには増えた。
その色にどう自分の色を混ぜていくことができるのか
自分の色を映えさせることができるのか
その色によって王子の色も確実に反映されていく。
大事にしたいと共にケンに感謝しています。

ケンとこんな話をしてたとき
アタシは泣いた。
ケンは「杏を泣かせてもうた ごめん」と言っていた。
でも 夫婦ってそうゆうものなのかもしれないね。
違う別々の土地で生きてきて個々の価値観や考え方を持ち寄って一緒に生きて行く。
そこには王子という食材を目の前にして
いかに美味しくいただこうかと2人で話しあうが一方は和食
一方は洋食。
そこで和洋のメニューが出来上がり一品が作られる。
互いに本気だからこそぶつかり合い
お互いの得意分野で助け合い築いていくんだろうね。

ごめーん なんかまとまってないやまだ頭ン中w


ケンへ
いつもありがとう。
これからもよろしくね。
   杏より


テーマ=不倫恋愛 - ジャンル=アダルト

  | コメント(3)






贅沢は止め処なく・・・ たまにはしっとりと(エ?

2005/11/01 23:42


贅沢は敵ですな・・・

つくづく最近思う秋の空。。。

もう今までのように我慢することもなく
押さえ込むこともなく
偽ることもなく

自然な自分で居られることへの反動なのか

もっともっと・・・と求める

貧乏人が何を勘違いしたか金持ち風味を味わったことが
奈落を見る引き金になるのか

落ち着けと。
よく考えろと。
よく見ろと。
今の自分の身分をわきまえろと。

甘やかすと図に乗るからw

そう言い聞かせる今宵であった まるw

なぁんて こんなこと言ってるのは幸せな証拠なんですけどね♪

テーマ=不倫恋愛 - ジャンル=アダルト

  | コメント(2)










| Top | Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
の前-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。